首頁 > 【旅行】日本 Japan, 京都 Kyoto > 四月お花見!長岡天滿宮杜鵑、乙訓寺牡丹花開

四月お花見!長岡天滿宮杜鵑、乙訓寺牡丹花開

日期:2010年4月26日

我又跑去賞花了!
恩……春天嘛!加上婆婆喜歡賞花,我就跟去了。
今天造訪的長岡天滿宮跟乙訓寺都是在京都府長岡京市,
離我們家的車站只有兩站遠。

日付:2010年4月26日

またお花見に行ってきました!
まぁ~春といえばお花見。
義母はお花見が好きなので、連れて行ってもらいました。
今日訪ねた長岡天満宮と乙訓寺は京都府長岡京市にあって、
うちの近くの駅からたった二駅です。

<阪急長岡天神站,沿著鐵道開滿了杜鵑。阪急長岡天神駅、線路に沿ってツツジが咲いてた>

長岡天滿宮的久留米杜鵑(又稱麒麟杜鵑)在入口的中央參道形成一道赤紅的花牆,長得比人還高耶!
我們去的時候還有些花苞,不算是滿開,不過也夠壯觀了,
一旁還有個梅園,據說也是很有名。

長岡天満宮のキリシマツツジ(別名キリシマ)は入り口の中央参道に真っ赤な花の壁となり、人より高かったです。
まだちょっとつぼみがあって、満開ではなかったが、見事なツツジでした。
横にある梅園も有名らしいです。

<長岡天滿宮杜鵑。長岡天満宮のツツジ>

<久留米杜鵑(又稱麒麟杜鵑)。キリシマツツジ(別名キリシマ)>

種滿杜鵑的中央參道位於八條池上,將池子分為兩邊,
南側可以看到水上料亭「錦水亭」,以長岡京市名產的竹筍料理聞名,
聽說一份要一萬日幣以上,好貴喔!

ツツジが植えてある中央参道は八条ヶ池の上にあって、池を二分しました。
南側には水上に建てられた錦水亭という料亭が見えて、長岡京市の名産であるたけのこの料理が有名で、
値段は一万円以上だそうです。高いなぁ~

<錦水亭>

<水上橋>

另一側有個檜木造的水上橋,
像水上迴廊的九曲橋讓人覺得格外浪漫,
從橋上看杜鵑花牆又是另一番風味。
我們去的時候有許多鴿子出沒,
鴿子完全不畏生,就算一旁人來人往,
他們也是悠悠哉哉地整理羽毛、漫步散心,
而且不時地發出咕咕聲,鴿叫春??
春天的氣息真的越來越濃厚了。

反対側にはヒノキで建てられた水上橋があって、
水上回廊のように曲がりくねった橋はなかなかいい雰囲気をしているじゃないでしょうか。
橋からツツジ花の壁を目にするとまた別の風情があります。
行った時には大勢の鳩がいて、人が通っても、
全然人が怖がらないようにのんびりと羽を整理したり散歩したり、
また時々グーグと鳴いていました。求愛してるかしら?
求愛シーズンの春の息吹がますます感じてきました。

<從水上橋看杜鵑。水上橋からのツツジ花見>

<成排的鴿子。並んでるハトたち>

<鴿子也來散步。ハトもお散歩>

<櫻花樹的新綠,好乾淨的綠色。桜の新緑は爽やかだった>

接著我們搭乘小巴去乙訓寺,
其實走路也可以到,不過有點距離就是了。(回程我們就是用走的)
小巴的搭乘處就在長岡天滿宮旁(水上橋方向出口)的長岡京記念文化會館,
小巴只有在花期時才有行駛,單程100円。

次はシャトルバスで乙訓寺に向かいました。
歩いて行けないでもないが、ちょっと遠いです。(帰りは歩いて帰りましたけど)
シャトルバス乗り場は長岡天満宮の横(水上橋方面の出口)の長岡京記念文化会館にあります。
お花見の時期しか運行しません。片道で100円でした。

<以牡丹有名的乙訓寺。牡丹名所の乙訓寺>

<乙訓寺牡丹>

乙訓寺這間寺院佔地不大,交通也不方便,
以觀光名勝來說先天上缺乏,但它設法經營出特色,
從昭和15年開始種植牡丹花,發展到現在小小的境內已經有2000株牡丹,
以牡丹打開了知名度,居然還有旅遊團來參觀耶!

在我印象中長那麼大只看過一次牡丹,而且是一朵快凋零的牡丹,
常在文學中出現的花王牡丹對我而言總是帶著神秘的面紗,
印象最深的逸話就是武則天酒醉後命令百花綻開,
當時正值寒冬,但百花不敢抗旨紛紛開花,唯牡丹不從,
武則天一怒就把牡丹從京城長安貶到洛陽,牡丹於是成為洛陽的代表花。

乙訓寺的牡丹品種繁多,紅色、白色、紫色、黃色……色彩也很繽紛,
乙訓寺還為牡丹搭棚撐傘,更襯托出牡丹的嬌貴,
雖然來得有點早,不過還是賞花賞得很開心,
明年我還要再來。

乙訓寺は敷地が小さいし、交通も便利じゃないし、
観光名所として先天的な欠点がありますが、乙訓寺は自分の「売り」を作りました。
昭和15年から牡丹を植え始め、今では2000株ぐらいあります。
牡丹で知名度が上がり、牡丹の時期に観光ツアーも訪ねにくるようです。

今まで牡丹を見た覚えがあるのはただ一回だけです。しかも散りかけの牡丹でした。
文学によく出る花の王者「牡丹」は私にとって神秘的な魅力があります。
一番記憶に残る逸話は則天武后が酔っぱらって、お花に「咲け」と命じました。
あの時は真冬だったが、花たちは則天武后の命令に従って咲きました。
だが、牡丹だけ命令を拒否しました。
則天武后は怒って牡丹を首都の長安から洛陽に追放してしまいました。
その故、牡丹は洛陽の代表的な花となったそうです。

乙訓寺の牡丹は種類がさまざま、色もたくさんありました。赤、白、紫、黄色などなど。
寺院は牡丹に日傘をさして、さらにボタンの繊細さと優雅さを引き出しました。
ちょっと早かったお花見でしたが、楽しかったです。
来年もお花見に来ます。

<粉紅牡丹超艷麗。濃いピンクの牡丹はきれい過ぎる>

<乙訓寺牡丹>

<為牡丹撐傘。牡丹に傘>

<各色牡丹。各色の牡丹>

<紫牡丹>

<黃牡丹>                     <雙色牡丹>

<黑牡丹>

++點擊看相簿 Click to View the Album ++

長岡天滿宮 & 乙訓寺 旅遊資訊
交通:阪急長岡天神站西口步行至長岡天滿宮約10分(500m),至乙訓寺約15-20分(1km)。
花期:四月下旬~五月上旬

點擊看Google Maps。Click to view it on Google Maps

 


引用請註明出處

  1. Ericity
    七月 1, 2010 at 12:58 上午

    哈囉, Kim Konさん我有收到囉!どういたしまして。我猜是檔案太大的關係,所以寄送有點問題,你真是活到老學到老的典範,比我爸媽還科技耶。

  2. kon
    六月 30, 2010 at 3:15 下午

    かようさん:     pps已製作完成,経按妳的部落格上的两個yahooアドルス傳送,但都被退件,     是否因妳的通訊録未列有我的メ-ルアドルス才拒収的。(kim072woso@yahoo.com.tw這是我的メ-ルアドルス)

  3. Ericity
    六月 30, 2010 at 2:41 上午

    OK啊,請慢用^^

  4. kon
    六月 30, 2010 at 2:31 上午

    かようさん:     「四月の花見!」杜鵑と牡丹很美超欣賞,可不可以允許選取製成Powerpoint,若蒙同意;製作後將     會傅回過目。

  1. No trackbacks yet.

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / 變更 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / 變更 )

Facebook照片

You are commenting using your Facebook account. Log Out / 變更 )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / 變更 )

連結到 %s

%d 位部落客按了讚: