首頁 > 【旅行】日本 Japan, 京都 Kyoto > ERICITY的單車賞櫻行 – 背割堤の桜トンネル。櫻花隧道

ERICITY的單車賞櫻行 – 背割堤の桜トンネル。櫻花隧道

日付:2010年4月3日

自転車で大阪から京都へ行ってきました!……って言っても、
大阪府の最東端の島本町から出発して、隣接している京都府大山崎町との境界までわずか2キロちょいです。
本日の目的地は6.5キロ先の京都府八幡市の背割堤です。

大山崎町の対岸にある八幡市は近そうに見えますが、
電車で移動すれば遠まわりになってしまって一時間もかかります。
自転車で行ったほうがまだ早いかもしれません。
では、カヨウの自転車日帰り旅が始まりました。

我騎腳踏車從大阪騎到京都了!……話是這樣說,
不過從大阪府最東邊的島本町出發,到相鄰的京都府大山崎町的交界處也不過才短短的兩公里,
然今天的目的地是6.5公里遠的京都府八幡市的背割堤。

位於大山崎町對岸的八幡市看起來很近,
但搭電車的話要繞很大一圈,大約要花費一小時,
騎腳踏車前往的話可能還比較快一點,
總之,李卡又的腳踏車一日遊就此展開囉。

<水無瀬神宮のたった一本の桜。水無瀨神的唯一一株櫻花>

まず近くにある水無瀬神宮に寄ってみました。
水無瀬神宮にしだれ桜が一本植えてありますがまだまだ小さいです。
色は綺麗なピンクでなかなか可愛かったです。

そういえば漫画で見た話ですが、
桜の花びらはね。本当は白いんですよ。雪みたいに真っ白なんです。
じゃあ、何故、桜の花びらは薄紅色か知ってしますか?
「その木の下に埋まってる死体の血を吸っているからですよ。」……って東京BABYLONの星史郎が言いました^O^|||
恐ろしい話ですみません~

首先繞到附近的水無瀨神宮看看,
水無瀨神宮裡有一棵枝垂櫻,不過還很小,
美麗的粉紅花瓣襯托出它的可愛。

這麼一說讓我想到漫畫的台詞,
櫻花的花瓣其實是白色的喔!像雪般的純白色,
那為什麼櫻花的花瓣會變成粉紅色呢?
「因為櫻花吸取了埋在樹下的屍體的血」……東京巴比倫裡的星史郎是這麼說的^O^|||
請原諒我提到驚悚的言論~

<途中で通過したサントリーウイスキー工場。路經的三多利威士忌工廠>

<大阪府と京都府の 境界。大阪府跟京都府的交界>

<大阪から京都に来ました!!!從大阪來到京都了!!!>

 

<さらに川を渡って八幡市へ。接著渡河來到八幡市>

<やっと背割堤の桜並木が目に入りました。終於看到背割堤成排的櫻花樹了>

背割堤は木津川と宇治川とに挟まれた堤です。
堤の上には1.4kmの遊歩道があり、両脇には250本の桜の木が植えられています。
花見の名所ですけど、桜並木が凄く長くて、堤の両側にある芝生が遊歩道より低いので、
ブルーのレジャーシートが景観の邪魔をしなくて、美しい桜の姿が楽しめます。
人ごみの円山公園よりはるかに良いところでした。

背割堤是被挾在木津川跟宇治川中間的堤防。
堤防上有1.4公里長的遊客步道,兩旁種植250棵櫻樹,
雖然是賞櫻名所,成列的櫻樹長長延續,位於堤防兩側的草地地勢比步道低,
因此不會有礙眼的藍色野餐墊,可以充分欣賞美麗的櫻花,
比起人擠人的円山公園,這裡真是好地方。

<背割堤の桜並木。背割堤的櫻花道>

<芝生が広いので、ピックニックの人が多くても景観の邪魔にならない。>
草地很寬廣,即使野餐的人很多也不會造成景觀上的阻礙

<桜のトンネル。櫻花隧道>

<桜の花蜜を食べるヒヨドリ。以櫻花蜜為食的棕耳鵯(讀音:ㄅㄟ)>

<ヒヨドリ。棕耳鵯(讀音:ㄅㄟ)>

<ヒヨドリ。棕耳鵯(讀音:ㄅㄟ)>

桜の花蜜を食べる鳥が見つかりました。ヒヨドリと呼ばれるようです。
ヒヨドリは花蜜の食べ方がとても優雅でした。
桜に傷つけないように、長いくちばしをやさしく桜にいれ、花蜜を吸っていました。
比べると、スズメは食べ方が乱暴でした。
桜の花をまるごと落とし、花蜜を求めていました。
お花見するとき、もし花びらがヒラヒラと散るのではなく、花がまるごと「ぽてっ」と落ちたら、
頭をあげて探してみてください。スズメの姿が見えるはずです。
(カヨウが時間をかかって生態観察した結論。)

在這看到了以櫻花的花蜜為食的鳥兒─棕耳鵯,
棕耳鵯採食花蜜的樣子非常優雅,
將長長的嘴溫柔地伸到櫻花裡吸食花蜜,不對櫻花造成傷害;
相較之下麻雀的吃相就很粗暴,將櫻花整個啄起,以求得花蜜,
賞櫻時如果花落不是花瓣輕飄飄地灑下來,而是形狀完整的櫻花「咚」地掉下來的話,
不妨抬頭找找看,八成可以看到麻雀的蹤影。
(這是李卡又花長時間觀察生態後下的結論。)

<スズメと落花。麻雀和落花>             <スズメのせいで桜が散ってしまった。麻雀害櫻花禿了>

<桜は人間を呑み込んでしまうような圧倒的な勢い。櫻花壓倒性的氣勢彷彿要將人吞沒>

<幸せそうな家族連れ。溫馨的家族出遊>

++ 點擊看更多背割堤的照片 Click to view more photos ++

背割堤アクセス:京阪本線八幡市駅から徒歩約12分
背割堤交通:京阪本線八幡市站徒步約12分

<背割堤MAP。查看背割堤地圖 >


引用請註明出處

 

  1. Ericity
    四月 15, 2010 at 11:42 下午

    Win騎到背割堤已經是我的極限了,去金澤還是坐車好了,哈!

  2. Win
    四月 15, 2010 at 8:04 下午

    夠了喔你! 吸了埋在底下屍體的血??? 瞬間的美麗浪漫都凍結了啦!!!你的照片真的拍的很美!PS. 我開始還嚇一跳: 從大阪騎單車到京都? 太神了! 還想說: 那你下一次騎來金澤找我好啦!! ^^" 哈!

  3. Ericity
    四月 15, 2010 at 5:56 下午

    鈴~~~你終於出現了!!!再忙什麼啊?

  4. 玉鈴
    四月 15, 2010 at 5:45 下午

    真的很美哩!!!

  5. 愛咪
    四月 6, 2010 at 6:32 下午

    你怎麼那麼優閒哩….太太太太過份哩..好羨慕.

  6. Wei
    四月 6, 2010 at 11:04 上午

    很干净的城市,看上去很不错

  7. 小粉圓
    四月 5, 2010 at 8:06 下午

    真的是美呆了:-)

  1. No trackbacks yet.

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / 變更 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / 變更 )

Facebook照片

You are commenting using your Facebook account. Log Out / 變更 )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / 變更 )

連結到 %s

%d 位部落客按了讚: